サプリメントでハラスメント回避|気になる体臭は早めのケアを

飲酒喫煙を控えること

男女

変わるための要素

治らない体臭を改善するためには、生活改善が必要不可欠です。まず飲酒喫煙と体臭の関係についてですが、飲酒や喫煙は強いリラックス効果があるため、嗜好品として人気が高いですが、体臭には大きな影響を与えることがわかっています。飲酒やタバコは、それ自体がニオイが強いため、体臭に影響があることは想像するに難しくないでしょう。実際にお酒を飲むと口臭がしますし、甘ったるい体臭がします。そのメカニズムとしては、発汗が促進されることに加え、アルコールのように強いニオイ物質が代謝されることで、一部が口や皮膚を通して漏れてしまうのが原因です。またタバコの場合も、それ自体が強いニオイを発するものですから、体臭を増やすのは当然のことです。タバコを吸った後は、口、服、指ともにタバコの強いニオイがするものです。その他にもタバコは交感神経を刺激して発汗を促す作用もあります。

ハーブやアロマに替える

飲酒と喫煙はそれ自体ニオイが強いのに加え、交感神経を刺激して発汗を促す作用があるため、体臭を強める原因になるのです。飲酒・喫煙を控えるだけで、カラダの嫌なニオイはだいぶ減らすことができるでしょう。飲酒や喫煙を控えるためには、代わりにリラックス効果のある「ハーブ」などの健康食品を摂取したり、アロマオイルを炊いてみたりするのがおススメです。ノンアルコールビールや、禁煙パイポなども、少なからず効果が確認されています。飲酒・喫煙ともに依存症レベルの人は、専門外来で治療を受けることをおススメいたします。体臭改善を考えている人で、飲酒喫煙の習慣がある人は、それを止めるだけで、大きな体臭改善効果が得られることでしょう。